株式会社アース建築工房 株式会社アース建築工房お問い合わせ 072-281-8833

大阪府堺市で新築からリフォームまで住まいのご相談ならアース建築工房にお任せください。

STAFF BLOG

うちの残念なママン

どこの母親もある程度の年齢に達すると天然入ってくると思いますが

うちの母親の天然例をいくつか挙げると・・・

一発目

「最近お湯で洗い物したら手がヒリヒリするわ」(私)

「ラーユ塗っとき」(マ)

「ラー油???」(私)

「あ、バー油(馬油)やった」(マ)

それ、泣きっ面に蜂ですから(●×□×●)

二発目

「今日は携帯どうしようかな~」(マ)

「持って行ってください、携帯ですから」(私)

今までのも忘れて行ったんじゃなくて

置いていってたんだな((p(- -;)q))

三発目

「お風呂空いてる~?」(私)

「入ってる~」(マ)

…五分後、2階から降りて来て風呂場の前を通ると真っ暗なお風呂

「お風呂空いたの?」(私)

「今から入るの(ノω`*)ノ”」(マ)

こいつは確信犯だ(怒`皿´)q”チクショー!!!!!!!

堺市における耐震改修の補助について

堺市では『地震による倒壊の恐れがある現に居住している住宅(一戸建住宅、長屋住宅、共同住宅)』や『特定建築物の耐震改修工事(安全でないと診断されたものを安全な状態にする工事)』をする際に、建物所有者又は管理組合に、設計費と工事費の一部を補助金が支給されます。

木造住宅で最大126万円の補助
(設計費の2/3 + 工事費1/3)

木造住宅の場合、耐震補強補助は「設計」と「工事」に別れ、設計の補助率は3分の2、工事は3分の1
ただし、設計は建物の床面積1平方メートル辺り3,300円および、設計費補助限度額26万を越える部分は補助されません。
工事費は、「工事対象」面積1平方メートル辺り32,600円および、工事費補助限度額100万を越える部分は補助されません。

詳しくは下記の堺市のホームページよりご確認いただけます。
堺市公式サイト建築都市局 建築安全課建築物の耐震改修をお手伝いしますをご覧ください

耐震改修補助を受けるためには
定められた方法の耐震診断をが必要

木造住宅の場合は、診断費用の90%の補助制度があります。1住戸4万5千円以内、1棟につき1,000円/平方メートル以内という条件があります。

診断費用が5万円なら、補助制度を使えば、わずか5千円で診断を依頼できる計算になります。

木造住宅以外の建物や、申請に必要な書類に関しては下記の堺市のホームページよりご確認いただけます。
堺市公式サイト建築都市局 建築安全課建築物の耐震診断についてをご覧ください

耐震診断補助の対象となるのは、昭和56年5月31日以前に着工された住宅や特定建築物ですが、その他の木造住宅についても、窓口で、間取り図など図面に基づく簡易診断も行っているそうです。

お問い合わせ先は

 堺市建築安全課 防災係
電話番号     072-228-7482
FAX番号     072-228-7854

季節感溢れるおやつ

もうそろそろお彼岸ですね

お彼岸といえば、おはぎ

家の近所におはぎのおいしいお店があるんです
でも夕方4時には閉まってしまうのでナカナカ買いにいけません。
家から徒歩8分
ものすごく近いのに、交通量の多い道沿いのお店なので行く時は車で買いに行きます

甘ったるくなくって、あんこのほのかな甘さが身体に優しいような気はするけど
体重にはけっして優さしくない(つд⊂)エーン

もち米、小豆、砂糖、炭水化物が身になる

でも、やっぱりお彼岸には食べたいです

おはぎの名前の由来は

秋の萩の花が咲く頃はお萩(おはぎ)
春の牡丹の花が咲く頃は牡丹餅(ばたもち)

日本の四季に合わせたすばらしいネーミング

調べたところ夏と冬にもそれぞれの呼び方があるとか・・・

ここから引用—————————————————

■春 牡丹餅

牡丹の花が咲く季節、すなわち春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆餡の様子を、牡丹の花に見立てたことから。和漢三才図会には「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」と記されている。

■夏 夜船

ぼたもちは餅と作り方が異なるため、「ペッタン、ペッタン」のような音を出さずに作ることができる。なので、隣に住む人には、いつ搗いたのか分からない。そこで、

「搗き知らず」→「着き知らず」

と言葉遊びをして、夜は暗くて船がいつ着いたのかわからないことから。

■秋 御萩

牡丹餅と同じく、小豆餡の様子を秋の彼岸の時期に咲く萩の花に見立てたことから。

■冬 北窓

夜船と同じように、

「搗き知らず」→「月知らず」

と言葉遊びをして、月を知らない、つまり月が見えないのは北側の窓だ、ということから。

ここまで引用—————————————————
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おなじ食べ物でもそれぞれの季節に合わせた呼び方をすることで季節を身近に感じる

日本人の季節感が込められた素晴らしい食べ物ですね

で、何を言いたいかというと

こんな素晴らしい食べ物をカロリー気にして食べないなんて言語道断だわ!!

って言うことです(笑)

あちゃ~

そろそろお気づきになっていらっしゃると思いますが、このブログは毎週火曜日に更新しています。

火曜日という曜日にあんまり意味はないんですけどね

ついでに言えば、書いている内容もあまり意味のない内容かも・・・

一応、ほぼ週刊ということで銘打っている以上

毎週火曜日に更新することを自分に課していたのに・・・

やっちまいました(;・∀・)

気づいたら今日は水曜日

あれ~、今週のブログってなに書いたっけ~???

あ~書くの忘れてた~

まぁ、こんな日もございますよ

人間だもん
(相田みつおのファンというわけではございませんので(´Д`))

お姉ちゃん業

平日にお休みをいただいた日の我が家の光景

同じく平日休みな妹が家にいると起こるのが、テレビのリモコンの奪い合い

二人ともいい年なんですけどね(;´∀`)

「今日は私の休みの日やねんで、私に譲ったりや!!」(妹)

「それ言ったら私かって今日休みの日やねんから、そんなん関係ないでしょ!!」(私)

「お姉ちゃんしょっちゅう休みとってるやん!!」(妹)

「あんたとおんなじ曜日に休みもらったからそう感じるだけやん!!回数はそんなに変わらんわ」(私)

「私、休みでも家にいること少ないねんから譲ったりや!!」(妹)

「そんなん知らんわ、あんたが勝手に彼氏と休みの日に出かけてるだけやろ!!」(私)

「お姉ちゃんいつも夜中に見てるやん!!」(妹)

「30過ぎると夜中起きてるとお肌に悪いから昼間見たいの!!」(私)

・・・あれれ?

なんか、だんだん自分で痛いこと言ってる??

最終的に私が30分だけ見せてもらって、そこから後は妹が見たいものを見るってなったけど、これだけ自虐ネタさらしながら言い争って結果がこれか

お姉ちゃん業も辛いな
ヽ( ´ー)ノ フッ