株式会社アース建築工房 株式会社アース建築工房お問い合わせ 072-281-8833

大阪府堺市で新築からリフォームまで住まいのご相談ならアース建築工房にお任せください。

STAFF BLOG

暑さ寒さも彼岸まで

今年の秋分日は9月23日ですね。

ハッピーマンデーの敬老の日と秋分の日に挟まれて
22日が国民の休日になりましたから、5連休のシルバーウィークになりました。

秋分の日を中心とした一週間は「秋彼岸」と呼ばれます。
各家々では、家族そろってお墓参りに行ったり、祖先の供養を行います。

この世の世界(娑婆)が此岸
あの世の世界(浄土)が彼岸

higanbana2

——————————————————————
仏教の教えには、何でもほどほどが良いという「中道」という考え方があります。
その考えと合致して出来たのが「彼岸」だといわれています。
春分と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。
また、暑くも寒くもないほどほどの季節であり、
太陽が真西に沈む時期なので西方極楽浄土におられる阿弥陀仏を礼拝するのに
ふさわしいという考えから、次第に人々の生活に浄土をしのぶ日、
またあの世にいる祖先をしのぶ日として定着していったようです。
(出典:日本文化いろは事典
——————————————————————

厳しい残暑や寒さも彼岸の頃には和らいで過ごしやすくなる、という意味で、
「暑さ寒さも彼岸まで」と、言われています。
浄土をしのぶ日として、ご先祖様を敬う日として、
季候の穏やかな頃がふさわしいとされているのですね。

法律で制定されている国民の祝日として「秋分の日」は、
「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」と定められています。
ちなみに、「春分の日」は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」と定められています。

祝日の意味を感じながら、過ごしてみるのも、時にはいいですね。