家具

住まいと風景

家具、収納も家の重要な要素

住まいづくりの進め方は
まず、敷地を考える。
次に、間取りを考える。
最後に、内部の壁紙や床などを決定し、これで住まいは完成。
その後で家具・インテリアを考えます。

でも、家そのものにしっかりとした主張と表情があれば、置かれるべき家具も決まってくるんじゃないでしょうか?
後から考えたインテリアコーディネートは、単なる家具の表情じゃないのかな?
収納にいたっては、初めから使い勝手をきちんと考えてあれば、こんなに家具を買い足す必要もないはずです。
家具、収納も家の重要な要素ですよね

住まいを考える時に同時に家具も考えることが出来たなら、住まいそのものがもっと機能的で、表情豊かになるんじゃないでしょうか?

「機能と形態の一体化」

フランク・ロイド・ライトはここでも天才ぶりを遺憾なく発揮しています。なんと建物を設計する時に、同時に家具もオリジナル設計してしまうのです。事実「空間とともに家具・インテリアを考え、設計する」と明言しています。

彼はヒューマンスケール(人間身体の大きさを基本モジュールとしたもの)に基づき照明や椅子のビルトイン方式などを導入。それらは動かす必要のないように予め設計されています。つまり、素材やデザインが空間と一体となっているのです。
今でいう「造りつけの家具」を彼はいち早く設計上での必然としていたわけです。

ページの先頭に戻る ▲

株式会社アース建築工房では、住まう方が「癒される空間」をコンセプトに『耐震性と気密性』 に優れた住まい創りをしております。
堺市全域をはじめ大阪府下の地域に密着した、住宅・マンションのキッチン・浴室・洗面・介護リフォーム等あらゆる住まい、住宅のことなら安心してお任せ下さい!お客様の”癒しの空間創り”をお手伝いします。
また、お気軽にお立ち寄り、ご相談していただけるように堺市内にショールームも用意しておりますので、ご来店を心よりお待ちしております。
お気軽にご相談下さいませ。

〒591-8034
大阪府堺市北区百舌鳥陵南町3丁13番地 乾ビル1F
営業時間:09:00~18:00 休業日:毎週水曜日

会社施工例掲載雑誌一覧

大阪の注文住宅/新創刊号

『大阪の注文住宅/新創刊号』 2009 冬 66ページ/
90ページに掲載

大阪で家を建てる 2008 Autumn - Winter

『大阪で家を建てる/08a』 2008 Autumn - Winter 40ページに掲載

大阪で家を建てる 2008 Spring

『大阪で家を建てる/08sp』 2008 Spring 48ページに掲載

対応エリア(南大阪地域)

  • 大阪市全域
  • 四條畷市
  • 大東市
  • 東大阪市
  • 八尾市
  • 松原市
  • 藤井寺市
  • 柏原市
  • 堺市
  • 羽曳野市
  • 大阪狭山市
  • 太子町
  • 富田林市
  • 高石市
  • 忠岡町
  • 河南町
  • 岸和田市
  • 和泉市
  • 貝塚市
  • 千早赤坂村
  • 泉佐野市
  • 田尻町
  • 熊取町
  • 泉南市
  • 阪南市
  • 岬町
株式会社 アース建築工房はチーム・マイナス6%に参加しています 救える命がある お気楽社員ブログ オーガニックハウス